記念展示会:アール・サーニ・コレクションの宝

栄えある第一回目の展覧会では、5000年以上の歴史の中から数多くの文明を代表する多種多様な作品に焦点を当てます。異なる文化を通しながらも芸術が持つ統一力に注目し、当展覧会では、古代エジプト王の頭の赤碧玉の彫刻(1475年~ 紀元前1292年)、漢王朝に作られた座った姿勢のクマの青銅の彫刻(紀元前206年~紀元後25年)、マヤ文明の木製ペンダント(200年~紀元後600年)、さらにはジャハーンギール皇帝のヒスイ製ゴブレット(1569年~1627年)などの傑作を一堂に集めました。

 

コレクションの中で最も美しい作品たち

アール・サーニ・コレクションとは?

世界中で最も名高い個人コレクションの1つであるアール・サーニ・コレクションは、古代から現代に至る長い歴史の中から驚くほど幅広い分野にわたる芸術作品を集めたコレクションです。その作品の幅広さから非常に興味深く、文化や文明の豊かな多様性を誇るこのコレクションは、時代を超えた芸術の創造性と普遍的な力を紹介しています。 

当コレクションは、芸術と文化の促進を主な目的とする非営利団体アール・サーニ・コレクション財団によって管理されています。当団体は、文化の素晴らしさと多様性の価値を向上する美術館のプロジェクト、展覧会の企画、科学的な出版物の発行などをサポートすることで、芸術的な取り組みを支援しています。 

Hôtel de la Marineのギャラリーをオープン以前にも、当コレクションの作品は巡回展や世界中の主要施設に貸し出しされており、一般に公開されていました

当コレクションがHôtel de la Marineで展示される理由とは?

Hôtel de la Marineでのコレクション展示ギャラリーは、フランス文化財センターとアール・サーニ・コレクション財団の同意によって誕生しました。Hôtel de la Marineでは、今後20年間にわたりコレクションの作品をご紹介すると同時に、テーマ別の特別展プログラムを展開していきます。

アール・サーニ・コレクションの作品は、過去にニューヨークのメトロポリタン美術館やロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館、東京国立博物館など、国際的な主要美術館の特別展などで公開されています。

アール・サーニ・コレクションについて詳しく知る